テレフォンセックスをする人達の目的は?快楽?出会い?

テレフォンセックスをする目的とは

テレフォンセックスを利用する人の目的とは、なんでしょうか?
もちろん、まずはじめに来るのは「気持ちよくなること」です。AVなどを観ていて、なんだかむなしくなることはありませんか?だって画面の中の過去の存在を見つめて、自分の性器をいじっているわけですよ?

セックスがしたい、けれどそれが無理なら、せめて誰かと一緒に同じタイミングで気持ちよくなりたい。そういう感情が生み出したのが、このテレフォンセックスというものです。相手と一緒にオナニーをして、互いの声や反応をオカズにしながら、オーガズムに達する。やってみればわかりますが、これがかなり興奮するものなのです。

本当のセックスでも、燃えていれば燃えているほど、絶頂時の快感が増してくるように、テレフォンセックスもまた、AVなどとは違って相手と時間を共有しているわけですから、興奮度が上がって、果てたときの快感が2倍にも3倍にもなるというわけです。

出会い目的の人もいる

さて、テレフォンセックスをする人たちのなかには、このような目的を持っている人もいます。それは「出会うこと」です。異性との出会いを求めて、テレフォンセックスに興じる人もいるんですね。

どうしてでしょう。だって、それなら最初から、出会い系サイトなどでエッチ相手を探せばいいだけですよね。どうして、わざわざテレフォンセックスを挟むのでしょうか。

それはですね、はっきり言いまして、会ったときに「ヤれる可能性が高い」からです。事前にエッチなことをしておけば、実際に会ったとき、たとえそれ目的ではなかったとしても、エッチなことをしていたときの自分、そして相手のことを、意識してしまうものだと思います。しかも、テレフォンセックスをしておけば、「電話であんなことをしたんだし」と、どうしても相手の要求を受け容れようとしてしまうんですね。「ここに来て断るのも馬鹿らしいな」といったような感覚です。

だからこそ、まずは掲示板などでテレフォンセックスの相手を募集し、そこから少しずつ仲良くなって、最終的に会う、セックスするというのを目的にしている人が、わりとたくさんいるのです。

もしあなたが出会いを欲していないのであれば、相手の「会おうよ」といった誘いには、絶対に乗らないことです。もし会ったとして、お酒でも飲むようなことがあれば、気は緩みますし、先ほど言ったような「あそこまでやったんだし・・・」という心理が働いて、なし崩し的にセックスまで持ち込まれてしまいます。

それを防ぎたければ、どれほどしつこく誘われても、つっぱねることです。相手にしないことです。テレフォンセックスと本物のセックスは、まるで違ったものです。そこを誤解しないように、気をつけてくださいね。